2015.04.20

題字・バナー:西島大介 / 文:宮崎貴士


ポール・マッカートニーを想像してごらん(さっきょくのふしぎ編(SNF)プレスタート)

お久しぶりです、色々とありまして久しぶりになってしまいまして(大した事があったわけでもないですが、)
この間に、ポールは再来日するぞ!あれ?おなかが痛い~~!帰る~!!もうやだ~~!が、また行く~~!武道館でやる~!サザンも葡萄というアルバム出したし!オレもやる!STAP細胞はあるんです!という展開になっておりまして、これでまた「頭痛い~~!またやだ~!」とか言い出したら大麻持ってなくとも留置所に入ってもらいます、とか言いたくなる、そんなこの頃ですがみなさま、いかがお過ごしでしょうか?
more

2014.06.09

題字・バナー:西島大介 / 文:宮崎貴士


ポール・マッカートニーを想像してごらん 第2回「オレが選んだパートナーはヨーコとポールだけだ」by ジョンレノン

例えば、海の上で
「舟が沈みそう!脱出ボートには1人しか乗れない!
あ、愛するあの人が自分で海に、、、、ワタシだけが生き残った、、」
と、なったりして、貴方ならどう感じます?
映画「タイタニック」みたい感じ。

「自分は残されてしまった、、」
それは辛すぎる。
それは語りたい、、伝えたい、自分の癒しのために
もしかしたら誰かのために、。
そんな「物語」は映画の中だけではなくって。

思えば、失うばかりの人生だった、と。
14歳の頃に母親を病気で亡くす。
28歳の頃に愛するバンドを失う。
38歳では最も信頼する相手、尊敬していた親友を突然亡くす。
55歳で伴侶を母親と同じ病気で亡くす。
現在72歳。
more

2014.06.03

題字・バナー:西島大介 / 文:宮崎貴士


ポール・マッカートニーを想像してごらん 第1回 「ポールの悪口を言っていいのはオレだけだ」byジョンレノン

「ザ・ビートルズ」

僕はこのバンドの名前をどこかで読んだり聞いたりするたびに
今だに不思議な気分になるのです。
変な話ですが「The Beatles」という表記を見ても、あまり不思議さを感じないのに、カタカナで「ザ・ビートルズ」や「ポール・マッカートニー」、「ジョン・レノン」と表記されたり、その名前を日本人の誰かの口から聞いたときに不思議な感じになるのです。
なぜなんでしょう?僕だけの話なのかな?。

「なぜ君はポール・マッカートニーという人を知っているの?
いつ知ったの? 何を知ってるの?」って。
more

過去の記事一覧