2010.05.24

写真・文:堀越 英美


堀越英美のハハコで行きたいハーコーなハコモノ巡りの旅

お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!   ( 第1回から読む )

第14回 真鶴町立遠藤貝類博物館

海沿い生まれ磯育ち、フジツボや貝などの硬い奴らはだいたい友達、な幼少期を過ごしてきた磯ガール(36)でございます。子連れで地元の海辺を再訪したら、埋め立てられてヤングのレジャースポットとなった砂浜はゴミばかり。砂浜をさくさくdigってキレイな貝殻を子どものおもちゃ代わりにしようという節約アイデアも空しく、スゴスゴと帰るはめになったのでした。そんな折、まだ天然の溶岩台地が残る神奈川県・真鶴町に貝の博物館がオープンしたと聞いたので、さっそくお出かけしてみようと思います。

011

真鶴半島の先端にある観光施設「ケープ真鶴」の2階に開館したばかりの真鶴町立遠藤貝類博物館。貝類研究家の故・遠藤晴雄氏の私設博物館でひっそり公開されていた貝コレクションを、遺族が町に寄贈して設立されたものです。所蔵する貝の数は50,000点。そのうち約1,800種5,000点を常設展示しています。
more

2010.03.31

写真・文:堀越 英美


堀越英美のハハコで行きたいハーコーなハコモノ巡りの旅

お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!   ( 第1回から読む )

第13回 小平市ふれあい下水道館

子供が産まれて、しみじみ思うこと。それは「ウンチって、臭いなー」。大人は出すなりトイレでジャージャー流しているから気にも留めずに生きていけるけど、子供は時折パンツにべったりやらかすわけで。幼児ですらこんなにウンチが臭いのに、地上がウンチ臭まみれにならないのはどうしたわけなのか。ヒルズ族御用達カフェの下で、宝塚マダムが集うティールームの下で、おしゃれヤングが不純異性交遊を繰り広げるクラブの下で、平等にウンチを載せて流れゆく下水道。もしも下水道がなかったら、街の中見かけた君は人混みじゃなくてウンチに流され、息を止める間もなく変わっていってしまったね…wow…そんな切ないラブソングがウンチとともに街中にあふれかえってしまうに違いありません。下水道って本当にありがたいですね。

016

というわけで、地下25メートルに降りて実際に下水管の中を見られるというので一部の人に人気の「小平市ふれあい下水道館」に行ってきました。
more

2010.03.17

写真・文:堀越 英美


堀越英美のハハコで行きたいハーコーなハコモノ巡りの旅

お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!   ( 第1回から読む )

第12回 虫の詩人の館(ファーブル昆虫館)

東京・文京区の区長が、男性首長としては日本で初めて育児休暇を取ったとかでニュースになっていました。そんな進歩的な文京区には、きっとハハコに優しいハコモノがあるに違いない。そう思って文京区のホームページをのぞいてみたところ、「虫の詩人の館」という気になる名前のハコモノが。虫の詩人の館……叫ぶ詩人の会的なニュアンスで? 虫がポエトリーリーディング? 虫なりに社会にプロテストしてみたり? わあ、気になる〜。

014

金・土・日曜日の13:00〜17:00しか開館していないなんて、脱サラしたオヤジが山奥で経営している蕎麦屋みたいですが、外観は実にキュート。南フランス出身の建築家が繭をイメージして設計したそうです。ランボーやボードレールを専門とする仏文学者・奥本大三郎教授が、2006年に千駄木の自宅敷地に開館したという虫の詩人の館。日本アンリ・ファーブル会という虫大好き人間で構成されるNPOが管理運営しています。
more

2010.03.03

写真・文:堀越 英美


堀越英美のハハコで行きたいハーコーなハコモノ巡りの旅

お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!   ( 第1回から読む )

第11回 馬の博物館

「お父さんに動物園連れて行ってもらったんだって?」
「うん。でもお馬さんしかいなかったよ」

こんな母子のやりとりで競馬通いがバレてお父さん大目玉……。よくある週末のほのぼの風景ですね。世の中にはしかし、お馬さんしかいない由緒正しきハコモノもあるのでした。相変わらず動物園に連れて行けとうるさい娘をたぶらかすため、横浜にあるという馬の博物館に行ってきマース。

01

洋式競馬の発祥の地・根岸競馬場の跡地に建てられた馬の博物館。根岸森林公園の一角にそびえ立つお馬さんのアーチが目印です。
more

2009.12.23

写真・文:堀越 英美


堀越英美のハハコで行きたいハーコーなハコモノ巡りの旅

お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす! ( 第1回から読む )

第10回 りっくんランド

今、最も熱いハコモノといえば、陸上自衛隊の朝霞駐屯地内にある自衛隊広報センター「りっくんランド」。連日の事業仕分け報道の中、民主党の蓮舫議員に仕分けられてしまったことで人気が急上昇した話題のハコモノです。さっそく私らハハコも仕分けに行ってきまーす。

014
more

1234
過去の記事一覧