2012.12.21

撮影:池田晶紀(ゆかい) / 取材・文:前田隆弘


古来から「メメント・モリ(死を思え)」と言うように、人は生まれた瞬間から死に向かって生き続けます。生きるために死ぬのか、死ぬために生きるのか? 気になるあの人に死生観を聞いてきました。   ( 第1回から読む )

「何歳まで生きますか?」入江悠さんに聞く

入江悠は、戦っている人だと思う。自分が本当に作りたいものを追求して自主制作で「SRサイタマノラッパー」三部作を作ったこともそうだし、映画の主人公たちも皆もがき戦っている。因習にとらわれず、実績に安住しないスタイルを貫き続ける彼はどんな死生観を持っているのか。

入江悠さんさん

more

2012.12.17

写真:川瀬一絵(ゆかい) / 文:前田隆弘


死生観

古来から「メメント・モリ(死を思え)」と言うように、人は生まれた瞬間から死に向かって生き続けます。生きるために死ぬのか、死ぬために生きるのか? 気になるあの人に死生観を聞いてきました。   ( 第1回から読む )

「何歳まで生きますか?」真鍋昌平さんに聞く

 底辺に生きる人々のリアリティあふれる描写に毎回クラクラさせられる『闇金ウシジマくん』。作者・真鍋昌平の描く「すぐそこにあるダークサイド」は、気力・体力がある状態で読まないと、あっという間に取り込まれてしまうほど引きが強い。その作品の背景には、彼のどのような死生観が反映されているのか。仕事場まで足を運び、話を聞いた。

真鍋昌平さん

more

2012.10.09

写真:ただ(ゆかい) / 文:前田隆弘


古来から「メメント・モリ(死を思え)」と言うように、人は生まれた瞬間から死に向かって生き続けます。生きるために死ぬのか、死ぬために生きるのか? 気になるあの人に死生観を聞いてきました。   ( 第1回から読む )

「何歳まで生きますか?」石井光太さんに聞く【後編】

今回登場していただくのは、ノンフィクション作家の石井光太さん。貧困、医療、遺体安置所など、「死が隣り合わせの現場」をいくつも経験してきた石井さんだけに、きっと何かしらの「死に対する特別な思い」があるのだろうと思って話を聞いたのですが……。

石井光太さん

more

2012.10.05

写真:ただ(ゆかい) / 文:前田隆弘


古来から「メメント・モリ(死を思え)」と言うように、人は生まれた瞬間から死に向かって生き続けます。生きるために死ぬのか、死ぬために生きるのか? 気になるあの人に死生観を聞いてきました。   ( 第1回から読む )

「何歳まで生きますか?」石井光太さんに聞く【前編】

今回登場していただくのは、ノンフィクション作家の石井光太さん。貧困、医療、遺体安置所など、「死が隣り合わせの現場」をいくつも経験してきた石井さんだけに、きっと何かしらの「死に対する特別な思い」があるのだろうと思って話を聞いたのですが……。

石井光太さん

more

2012.09.16

撮影:ただ(ゆかい) / 取材・文:前田隆弘


古来から「メメント・モリ(死を思え)」と言うように、人は生まれた瞬間から死に向かって生き続けます。生きるために死ぬのか、死ぬために生きるのか? 気になるあの人に死生観を聞いてきました。   ( 第1回から読む )

「何歳まで生きますか?」phaさんに聞く【後編】

「だるい」とか「めんどくさい」とかいう気持ちはもっと大切にされてもいいと思います。
悩んでる人はもっと適当に生きましょう。
どうせ人生に意味なんてないんだし。

(pha『ニートの歩き方』より)

死生観インタビュー、今回のお相手は日本一有名なニート・phaさん。ニートということを抜きにしても、「競争原理に価値を置かない、新しい世代の生活観」みたいなところで注目されているphaさんですが、果たしてどんな死生観を持っているのでしょうか。そのルーツと思われる京都時代の話も含めて語っていただきました。

phaさん

more

123
過去の記事一覧