2011年に原宿で開催されたアート+キャバクラ的な伝説イベント"シャバクラ"が復活とのニュースにハテナの嵐!!!???シャバいって何??ということで今回は今回は4/27にgalaxxxy cafeで"シャバクラ"を行う(シャバクラ展示は4/24~5/1まで)シャバクラ実行委員の4名に来て頂きました!色々ご説明願います!!!!!   ( 第1回から読む )

口からどんどんシャバさが出てくる

──水っぽさとサブカル感と女子会の独特なミックスヴァイブレーションの4人ですがまずは自己紹介からお願いします!

shaba

愛☆まどんな(以下愛ま)愛☆まどんなです、絵を描いています!シャバクラは前回キャストとして出演しましたが、今回シャバクラを復活させようと皆に働きかけ実行委員の仲間に入れて頂いた新入りで、メンバーで1番やる気があります!

ひさつねあゆみ(以下あゆ)美術やバンドをやっているひさつねあゆみです!初期からの実行委員でメンバー2番目にやる気があります!

マコ・プリンシバル(以下マコ)マコ・プリンシバル、絵を書いたりコスプレしたり踊ったりしてます!少し光のさす半地下でアイドル活動をしています!

よんちゃん(以下よん)よんちゃんです、faifaiという劇団のリーダーやってます!脚本家です!あと、このコーナーで前にインタビューしてもらったことあります!

──っていう4人が集まり開催されるシャバクラ今回は2回めなわけですが教えて下さい。シャバクラってなんのイベントなんですが?

あゆなんのイベントかと聞かれればエンタメ系アートイベントだけど色々な要素があるし、ボーダーのキワの所はぼやーっと曖昧に考えてます!シャバクラってステージで演目がある普通のイベントの側面と、それとは別にカルチャー系キャスト女の子が在籍しててその女の子が作った作品が展示されていたり、その女の子を指名して一緒にお酒を飲んだりできるという・・・ちょっと一口では言えない複合的な空間なんですよ。

──なるほど、そのキャストの選定基準ってどんな感じなんでしょうか?

よん女の子は本当にかわいい娘ばかり!何かの活動をしててその子と喋ってみたくなるようなお近づきになりたくなるような子を選んでるかなー。

──ふむふむ、そもそものシャバクラの成り立ちを教えてもらえればもっとシャバクラのことが理解できるかもしれません。最初はどのようにスタートしていったんですか?

あゆ2010年に京都で、「わくわくKYOTO」という、アートプロジェクトがあって、全国から京都に集まったアーティストが京都に滞在して、廃校した学校を舞台に展示したり滞在制作したりするプロジェクトがあったんですが、そこでCRAFTIVE(シャバクラ!vol.1ではテーブルやイスや垂れ幕を作っていただいたデザイナー兼家具職人ユニット)が、椿昇さんと組んで、作品として学校の中にキャバクラ風の空間を作ったんです。暗めの配色で壁が紫で照明が弱くてっていう。その空間に更に参加作家が絵を展示したりしてたんです。完成形は特に決まってなくてどんどん自然発生的にそこに作家がわらわら乗っかって展示する空間を目指してたかのように思います。確かにオシャレで洗練された空間ではありました。
で、途中から、ほぼ手ブラで、ノープランだけどプロジェクトに参加しに京都にやってきたひさつねが、学校を下見してる時にその空間を見たんですけど、入口はキャバ風なのでちょっとわくわくしながら期待を抱いてその空間に立ち入るんですが、いざ入ると人は誰もいなくて死んだように作品が展示されてて、ソファーがあるのに座っていいのかなみたいな雰囲気だし、見てく人も入口からチラっと見てどう楽しんだらいいかわからずすぐ出ていくしかないかんじで、息してないっていうかさみしいっていうか、暗くて。キャバクラ空間とは真逆だなと違和感を感じたんです。
そこで私は「キャバ嬢いないから私がここのキャバ嬢になる」って言って、滞在中、一人で全部手縫いでキャバ嬢衣装を作って髪やメイクで盛って毎日一日中、全国からやってきたお客さんを座らせて話したりお茶出したりして滞在中はずーーっと接客してたんです。

──なんと勝手な(笑)

あゆそうなんです!で、キャバ嬢とはいえ、ママのような存在でした。すべて案内からお茶出し、接客にいたるまで一人だったので。たまにチーママが手伝いにくる的な。そこには大御所の作家さんなどもいらっしゃって「何だ君は」とか言われながらもその夏猛暑だったのでクーラーもないのでうちわで仰ぐだけで喜ばれたりして。どうでもいいこと話したり、だんだん男性作家が制作の悩みとかを「ママ?!」とか言って相談しにくるようになったり、お茶出し手伝ってくれるこが増えたりして、うけました!
結局ずっと接客していて、それを当時ツイッターで常につぶやいてたりしていたら、それを見たある人が「これは面白い」ってなって、現場に来ていないのに、アートキャバクラっていうのを見よう見まねで開催して。
で、そこにはじめひさつねとマコプリが呼ばれたんです。でも、そこは新宿の奥地で閑散としていて・・・・

マコこのアートキャバクラが随分世知辛い感じで、うさんくさい某会社がやってたんだけど・・・最初は作品の展示ができて来てくれた人をお話してって感じだったのに蓋開けてみたら歌舞伎町の奥地の薄暗い店で、作品もちょこちょこっと展示してあるんだけど、基本的にはおじさんがくるので女の子が薄着めで接客、みたいな・・・なんでこんなに削られなきゃいけないのっていう凄い嫌な思いしまして!

一同(笑)

マコでも同じ企画をうちらがやったらもっと違う感じになったよねって、覆したくてあゆみちゃんがリーダーになって動き出したのがシャバクラです!

──ずいぶんアウェーな状況ではじまってたんですね。

あゆ結局女の子が元気だと楽しいし、かわいいとワクワクするしそれを強みにはじけちゃったのが1回め。楽しかったなー!今回の2回目はもっと作品の展示とかもキメこまかく見せている感じかなあ。前回はステージが優先、中心になってしまった部分もあるので。それももちろん大事なんだけど。

──なるほど、整理できてきました。アート系の女の子がキャストとして在籍するアートキャバクラ的な場所で、展示やおもしろおかしいステージもあるよ!というのがシャバクラですかね。

あゆそんな簡単に言われるとイラッとくるけどそんな感じですかね。

──わかりました。巨乳とかメイドとかJKとかと、アートを横並びにさせているわけだ。ほぼいっしょの扱い。

一同はあ???

──いやいや、この店には巨乳の子がいます!とか、JKの制服みんなに着せてます!みたいなテーマ性みたいなので、この店の子はアート系です!って感じなんでしょ?だとしたら巨乳もアートも同じかなって・・・女の子のジャンル分け?

一同・・・・。

──(やばい空気悪くなった)あと、そもそもシャバクラってシャバイクラブの略語みたいなんだけど、このシャバイってなんすか????

あゆシャバイは色んな説があって、調べてくとヤバいとか危険とかが崩れていった死語かなあと思いつつ、地域や年代によって使ってなかったり使っててもニュアンスが違ったりという感じです。シャバクラ的にはお水のシャバシャバ感も一致してていいかなーって。

──僕の記憶だとチャラい、変化形でシャバいって表現を使ってたヤンキーいたように思いますね”調子に乗ってる上に内容薄いよな”=シャバい というニュアンス。

あゆだめじゃん!

──それが全てではないので!自分はシャバクラ1回めの時にDJで呼んで頂いて、その時にシャバクラ体験したのですが、このイベントのキーは指名制度にあると感じました。
女の子の指名ってやっぱり選ぶじゃないですかどの子にしようかとか。そこで指名する時ってなんというか軽い告白みたいな感じあると思うんですよね。そこが凄くよかった。ちょっと指名するの勇気がいるからお酒を強めに飲んで指名してるガチ勢もいたもんね。
実行委員もキャストを兼ねているわけだけれども、指名が入るとどんな気分?

愛ま普通に超嬉しいし、そのあとちょっと意識しちゃうかも!

よんたしかにちょっと好きになっちゃうかな

あゆ指名されたらドキドキするー!

マコ男の子そうやって来てくれるのって嬉しいし、意外な人に指名されると、え?私のこと・・・好きだったのってーー!

一同きゃー!!!!笑

──本当の告白だったら勇気がいるけど、指名くらなら階段2段めくらいを登るドキッと感なんで、アート見に来てるよってフリで擬似キャバクラ体験をするカルチャーボーイというのもいいんじゃないでしょうか。
しかも今回は終わりが22:30という設定で微妙に終電までアフター可能な時間割というか・・・その終電のラインの先は・・・・ドリームでしょう!

愛まもしかしたら(笑)場所もあえてというか八王子でそんなに近くないけど、このわざわざ感も楽しんで欲しいですね。ついでにいける感じの場所じゃないから、わざわざ来てくれた人と八王子の思い出を共有したいな!

だんだん楽しみになってきました!在籍キャストのご紹介等をしてもらいましょう!

よん塩りんごちゃんはほんとにカワイイ!アニソンクラブイベントやアイドルイベントを中心に歌、ダンス、DJやLIVE活動をしている子で、同じくキャスト出演してくれる東佳苗ちゃんと共にファッションブランド「ウサギノリンゴ」を立ち上げ注目されてたりします!

愛まこの子達も旬ですね。

(先程まではかわいい女子と話してた感じだったけど一変してかわいい女の子ブローカー的黒め側面出してきたーーー!!!!)

あゆ着エロもやってる特殊モデルの七菜乃ちゃんや理想の男性器を作る手芸部「ペニ手芸部」部長の増田ぴろよちゃんも!(笑)かわいいし作品も本当に面白いんですよー!

よん元ホワイトベリーのボーカルの前田由紀ちゃんも出てくれるんだよ〜!夏祭りのPVの時の浴衣着てくれるトカーー!

あゆステージゲストで嫁入りランドが寸劇やラップ?などなど!
あーん紹介しきれないからシャバクラのTumblr見てほしい〜ホント可愛いくて面白い人たちばっかりなの!

cast

──凄そう!一日で収まるのかな・・・シャバクラtumblrで出勤キャストチェックですね!
最後に・・・私を指名してくれたらこんな感じだよ!というのを一人づつもらっていいですか?

愛ま私を指名してくれたら、いっさいの嫌味ゼロでとことんあなたを褒めまくってあなたをキモチヨクさせちゃいます!

──わーそれはよさそう!

あゆ私は最近健康にハマってるので、その健康に対するこだわりをトークします!

──・・・それはつまんなそう・・・・。

あゆだめっ!今の無し!私は当日結構飲むつもりなので、何があるかわからないけど無防備な所みせちゃったらごめんさい!

──それはよさそう(笑)

マコ私は君の瞳をは癒したいっていうのをいつもやってて、キュアキュアビームを打ったり、手のマッサージします!

──ふれあいアリだ!

よん私の場合目線外したらここ(胸元)はガン見していいって感じかなー。

一同うわーー!

(でねでねでね〜 それからそれから〜 とスウィーツを食べながら実行委員達のトークはキャッキャと終わることなく続くのでこちらはここでフェードアウト。続きはシャバクラで直接女の子たちから聞いて下さい!)


flyer

『シャバクラ!』
“もてなす美学”

アーティスト達が自らの作品をプレゼンテーションするとと共に
来場者に最高のおもてなしを提供する新時代のアートイベント!
キャバクラのようなラウンジ空間や指名制度を盛り込み

気になる作家とお酒を飲みながら気軽に直接おしゃべりできます。
また毎回旬なゲストをお招きしてライブやショーなど
あらゆるエンターテイメントをお送りする夢の狂乱ナイトです。

日時:2013年4月27日(土)
open18:00〜closed22:30

会場:☆galaxxxy Cafe☆
Address:東京都八王子市旭町12-6 2F
Tel:042-642-7260
JR八王子駅北口より徒歩1分

☆また会期中は「シャバクラ!展」と題しカフェ店内に参加作家の作品を展示致します。
会期:2013/4/24(木)〜4/30(火)
※カフェの都合上営業時間の変更などがある場合もございますので、
営業有無のご確認はお電話、もしくはシャバクラTwitterでも随時情報を流します。
tumblr http://shabaiclub.tumblr.com/
Twitter @shabaiclub

ゲスト・キャスト・スタッフ:
よんちゃん/ひさつねあゆみ/マコ・プリンシパル/愛☆まどんな/loco2kit/前田由紀/その名はスペィド/嫁入りランド/ナマコプリ/梅ラボ/及川なまこ/塩りんご/東佳苗(縷縷夢兎)/トースティー/山田はるか/七菜乃/すがたゆい/ふうこ(むせいらん)/増田ぴろよ/林千歩/りの(快快)/もずくちゃん/安東和之/ドキドキクラブ/川本史織/コバルト爆弾αΩ mirrorboy/VIDEOBOY/タッツ/ゴスピ/もてなちゃん

http://shabaiclub.tumblr.com/

ロゴ:文字8フレッシュ!/文 : 露骨キット

        
露骨キット
露骨キット
loco2kit (galaxxxy)
galaxxxy所属、デザインやDJ、作詞、クイズ制作など多岐に渡る活動は未来が見えない。桃を食べた時に歯に挟まる繊維をこよなく愛し、ジャンルを超えた様々なイカとの共演も果たした。最近ではHUNTER×HUNTERのEDに合わせタオルを回す行為が自分の中だけで大ブレイク中。

backnumber
口からどんどんりんごが出てくる
モダンファートでこんにちわ、露骨です。こちらでさまざまな人にお話を聞くというのをやって行きたいと思いはじめちゃいます。最
口からどんどん胸きゅんが出てくる
こんにちわ露骨です。”キラキラまぶしい80年代をテーマに〜”から始まる告知を流し始めた翌日から、開催前にもかかわらず来場
口からどんどんシャバさが出てくる
2011年に原宿で開催されたアート+キャバクラ的な伝説イベント"シャバクラ"が復活とのニュースにハテナの嵐!!!???シ