こんにちわ露骨です。”キラキラまぶしい80年代をテーマに〜”から始まる告知を流し始めた翌日から、開催前にもかかわらず来場者がどんどん来てしまっている(開催は3/23からです!)”胸きゅん展2″!単なるイラストの展示とは一線を画する女子の微熱を帯びた空気に、若干押され気味ではありますが主催の2人にお話しを聞きましょう。   ( 第1回から読む )

口からどんどん胸きゅんが出てくる

kuchikara2

──という事で!本日は”胸きゅん展2″を主催するREO*spikeeさんとF*kaoriさんにお越しいただきました、よろしくお願いします!

REO*spikee/ F*kaoriよろしくおねがいしますー!

──今回、galaxxxy in Hi-Fiで”胸きゅん展2″が開催されるわけですが、2の前には1があったわけで、そもそも胸きゅん展のはじまりをお聞かせて頂けたら思いとます。

REO*spikeeそもそもは黒川ナイスさんの絵を見て衝撃をうけて、びびびっともういきなり彼女を誘って展示をやりたいとそういう方向性でイメージが出来てしまったというのはあります。
その時既にF*kaoriさんとも友達だったので2人を誘って展示やったらすごいことになるんじゃないかっていうふうに思った。その後、どんどん自分の好きな人を誘って胸きゅん展が形作られていった感じですね。

F*kaori前回は下北沢のコミューンという場所でやったんですけど6日間で400人以上人が来たかな?本当にたくさんの人が来てくれました。

REO*spikeetwitterで情報が拡散して、色んな人が来てくれた感じだったんだけど、オシャレに敏感な子たちというか、原宿系の子たちとか、galaxxxyさんの洋服着てやってくるお客様も多かったよね。

──おっとなるほど。イラストのグループ展、展示イベントの話を聞いてて、オシャレがどうとかという回路はあんまり通常ついてこないと思うんですよ。

F*kaoriたしかにそうですね、でも本当にたくさんの女の子が来てくれたんです。出展してる作家もイラストがオシャレ寄りというか?ファッションが好きだったり、ちょっとサブカルが好き!という感じだったりの人が集まってくれたのかも?

REO*spikee本当にその空間を楽しみに来てくれるオシャレ猛者たちが(笑)毎日来てくれる人もいました!

F*kaori東京で初めて展示をする作家や、展示自体が初めての作家。レオさんのキュレーションも初物だし、初物パワーが終結してなんだかすごい熱量になってる感じはしました!

──なるほど、そのすごい熱を放った胸きゅん展再び!ということですが、胸きゅん展のテーマは80年代を謳ってますよね?参加作家の方々は若くて80年代をそんなに体験してないだろうし、あまり厳密さを感じないのですが・・・?

REO*spikeeはい!みんな全然体験してないよね、それは私もです。私が思う80年代っていうのは、80年代は時代だし完結してて戻れない。今ある現実とは違うけど確実に過去にはあってキラキラして見える。
80年代が好きな理由ってそこなんだけど過去だからキラキラと幻のようで、好きな所だけ切り取れる、少なくとも私の眼にはキラキラと映っている。なので厳密な80年代再現というよりはNEOMIXというか私の妄想?(笑)

F*kaori私はもともと70年代が好きだったんだけど、80年代リバイバルの本当に来はじめ直前って80年代ってダサいって感じだったじゃないですか。

REO*spikee確かにリアルタイムで80年代を知っている人はいろいろリバイバルをこらえてファッショナブルしてるかも?なんて(笑)ハマーパンツとかもリバイバルしてるし本当にすごいと思う。

──自分もリアルタイムでケミカルウォッシュのボンタンデニムを経験しているのでケミカルウォッシュのリバイバルはショックでした。

F*kaoriただみんなは80年代を描いてないってくちを揃えて言う。

REO*spikeeそれはほんとみんな言ってますね。

──80年代描いてないのかーでも不思議な統一リンク感はあります。方向性はバラバラだけどノスタルジックに感じるのでしょうか・・・。では前回から2名増えている胸きゅんメンバー全8名のご紹介を。

F*kaoriREO*spikeeさんは頼れるお姉さん、80年代愛もすごいけどアイドル愛が凄い!前回の展示も架空のアイドルをプロデュースしてそれのレコ—ドジャケットという展示やられててとてもかわいかったです。

REO*spikeeもともとバンドマンだったんで、音楽から全て来てて80年代音楽ばっかりシティポップやニューミュージック、どんどん夜の妄想が広がって、湘南の海を行ったことないけどドライブ、頭の中でそんな絵を描いてました。リアルに80年代に生まれるにはどうしたらいいか考えてました、思春期を80年代にすごしたかったんです!

──10代で80年代を過ごしたらどんな事したかったですか?

REO*spikeeコンバーチブルに飛び乗ってミニのスカートをひらりとかしたい!断片的だけど(笑)
F*kaoriちゃんは最初デザフェスで知り合った時は手塚先生みたいなベレー帽かぶって眼鏡してスケッチブックをかかえて目が☆になっててドテッて感じでかわいかった。絵はもうとってもかわいくってすごく好き、今もF*kaoriちゃんの絵の中にいるんだけど。(※取材会場のgalaxxxyプレスルームは全面F*kaoriイラストを張り巡らした内装になっています)

F*kaoriその時わたしは70年代ブームでした(笑)

REO*spikee黒川ナイスさんは本当に独特で一目見てすごいと思って、彼女も80年代を描いているわけじゃないけどノスタルジックさがあって、当時というか・・・・当時、別にこういう絵無いですよね、でも架空の当時感がある。
せきやゆりえさんは絵にキャラクターがあらわれているというか、アイドルでいえばキョンキョン、ちょっととびぬけた感じでカリスマ性が高いです!

──せきやゆりえさんはgalaxxxyではgugenka展という展示でお誘いしたことがありました。

F*kaorithanatさんはBLの漫画家さんでもあるんです。顔は少年漫画、洋服はファッショナブル。thanatさん男子のファンは多いです!少年漫画的なルーツは意外とオールドスクールでそこも味わい深いと思います。

REO*spikeeめもえ(MEMOさんのこと)は本当に奇才。熱量が凄いし研究家だし攻撃性もポピュラリティもイチバンだし特攻隊長だね!あと若い!平成生まれ!

──平成生まれながら昭和のような絵を・・・・

REO*spikee陽子さんはめもえの紹介で「よーこというすごいやつが九州にいるので是非アサインしてくれ」ということで、絵を見たらこれは!となってすぐにやってくださいとお願いする流れになりました。もうこうなってくると90年代のファンシーさも自然です。

F*kaorieimiちゃんはMILKFED.さんとかファッション関係ではコラボもたくさんやっている人気者なんだけど、かなりの蛍光ピンクマスターです!イラストに興味をもって距離を縮めていったら同郷で同じ市内出身、よくよく聞いたら同じ高校でいっこ下だったことが判明してびっくりしました。

──せ、せまい!しかしなかなか個性の強い8人が集まりましたね。胸きゅん八犬伝というか同じ胸きゅんの星をもった8人が集まったというか

REO*spikee今回は・・・・レジェンド・・・伝説になる!

──す、すごい!(笑)

F*kaori今回は全作家分のgalaxxxyコラボお洋服も販売予定、一部危ないデザインもありますけれど(笑)、それも今回新しいですよね。

──危ないデザインは途中で変更になりましたが、変更後もなかなかエッヂでした。

REO*spikee後今回は本を作ったんですよ!絶賛編集中ですが、この面子は胸きゅん展でしかありえないし、それを持ち帰って家でまた楽しんでもらえるのは大きいです。

F*kaoriオープニングパーティーではニギニギしく飲み食いしたりしつつ、音楽かけたり?ライブペインティングとかも?どんどんやっちゃいますか?

REO*spikeeパーティーはたこ焼きを焼くか?とか、まだ決まってない!(笑)でも土日にはいつも作家がいて絵を描いていたり盛りだくさんな展示になると思います、ご期待下さい!

──最後に胸きゅん展の今後の展望などお願いします!

F*kaori全国ツアー・・・・したいっすね!

REO*spikee/ 露骨わー

REO*spikee私の妄想の断片を胸きゅんって言葉で皆がつないでくれたという感じはあります!まずは今回色んな人に見に来てほしいと思います!

──ではその妄想の断片を胸きゅん展2で浴びるように感じたいと思います、本日は有難う御座いました!


胸きゅん展2 website
http://munecune.web.fc2.com/

ロゴ:文字8フレッシュ!/文 : 露骨キット

        
露骨キット
露骨キット
loco2kit (galaxxxy)
galaxxxy所属、デザインやDJ、作詞、クイズ制作など多岐に渡る活動は未来が見えない。桃を食べた時に歯に挟まる繊維をこよなく愛し、ジャンルを超えた様々なイカとの共演も果たした。最近ではHUNTER×HUNTERのEDに合わせタオルを回す行為が自分の中だけで大ブレイク中。

backnumber
口からどんどんりんごが出てくる
モダンファートでこんにちわ、露骨です。こちらでさまざまな人にお話を聞くというのをやって行きたいと思いはじめちゃいます。最
口からどんどん胸きゅんが出てくる
こんにちわ露骨です。”キラキラまぶしい80年代をテーマに〜”から始まる告知を流し始めた翌日から、開催前にもかかわらず来場
口からどんどんシャバさが出てくる
2011年に原宿で開催されたアート+キャバクラ的な伝説イベント"シャバクラ"が復活とのニュースにハテナの嵐!!!???シ