モダンファートでこんにちわ、露骨です。こちらでさまざまな人にお話を聞くというのをやって行きたいと思いはじめちゃいます。最初のゲストは新作りんご直前のfaifaiリーダーよんちゃん(北川陽子)にご登場願いまして、本番直前のアツい思いをふんわりぶつけてもらえたらと思います。

口からどんどんりんごが出てくる

よんちゃん

──最近の新作にまつわるTwitterでのスピリチュアルなテイストが気になって、自分が知っていた現実的なよんちゃんとのギャップを埋めようかなと。そんなスピリチュアルムードさえも漂わす、faifai新作”りんご”のヒントを聞かせてもらえばと思います。

北川現実主義者だと思われてたんだ。

──違うの?

北川実は結構夢見がちなドリーマーなんですよ!恋とかお金もすきだけど!

──そうなんだー。今回のりんごの舞台を最後にfaifaiを去るというか卒業するメンバーもいたり。

北川皆旅立ちの時なんです。

──その旅立ち直前に書いた新しい戯曲ですけど、前作芝浜では題材となる古典落語を解体しながらバリエーションを増殖させて再演を繰り返してた訳じゃないすか。

北川あれとは違うし今回は再演無いかも。

──えーなんで?折角作った新戯曲、再演は考えずと。

北川だから見にきて!芝浜は特殊だったしあれとは違う。今回は座って見るやつです。舞台があってお客様は見るというやつ。芝浜よりキャッツみたいな感じ。

──あ、じゃあエンターティメントみたいな。

北川違うな。エンターティメントでは無いかも。でも座って見る劇です!

──新しい戯曲を書いている過程で何かが起きたのかなと思うんだけど、最近Twitterで結構スピってるなと。

北川あれは自分でスピリチュアルパワーを高めてるの、周期があって落ち着いたりもするけど今また高まってきた。

──今日は新作構想からもうすぐ本番だけど、その辺で高まってきたスピリチュアルパワーを御高説頂ければと。まず新作りんごのテーマは何ですか?

北川りんごのテーマは”死”です。露骨さんは”死”と聞いて何を連想する?

──うーん暗闇かな。

北川ふーん。

──セミとか死んでるよねそのくらいかな連想つっても。なんで”死”なんてテーマになったの?

北川うーん、なぜそうなったかというと、えーとえーと、震災の時すっごく揺れたじゃない?あの時ビルの上にいて最初何かのアトラクションかと勘違いするくらい揺れてて、いやいやそんな場合じゃないとあわててビルを降りたんだけど、その時にすごく怖かったという体験がまずありました。

芝浜以来再演なんかはやっていたけど、新作を作ってなかった。震災など含め現実がすごいマジすぎて、マジなものじゃないとアウトプットできないじゃない?

マジなものを作ろうというそういう気持ちがあったんだけど、マジと言えば思春期の頃に母が死んだという体験がありまして、それは病気もあってなかなか壮絶だったんだけど、その時わたしの創作の師、がいるんだけど(笑)その師匠に「すごくいいネタができたじゃないか」って言われたのね、その時はそんなのは無理だし、まさかとも思ったし、ネタだなんてって師匠の言葉にもすごくむかついたりしてたんだけど、それから10年くらいたって今の今に自然に自分の中にその時の気持ちが繋がって。あ、あの時のネタ(笑)じゃないけど、取り扱う時が来たなって思ったの。それで死について思うことを書いたメモを人に見せて、faifaiは皆で会議しながら作って行くから、帰ってきた反応を見ながらだんだんとコレだなと固まってきたんです。

──結構まじめに考えてますね、よんちゃんはあんまりアピールしないけど首相官邸前抗議にもサラッとあらわれたりしてた。

北川それはまじめです。マジです。で!死のことを考えていくと即座に!生きるということが・・・出てきますね!(とても嬉しそう)

──うはははは!

北川それは驚きの事実なんですけど死を考えると生きるということがすぐ出てくるんですね〜。(テンション高い)

──ひーーー!

北川そんなような事を考えていったらある日雷が落ちて来て、「30代半ばのサラリーマンが毎日エレベーターに乗っている、男はお母さんを亡くしているんだけど、ある時エレベーターが止まって、男は立ち止まる、そしてエレベーターの奥にある扉を開けるんだけど、その中に入っているものを見て男は泣き出す」っていうストーリーが降りてきて私も泣いたの!

──開放感あるね。

北川あ、わかります?それを思いついて絶対これだろって思って、雷も落ちてきたし、こっから急に飛ぶけど、人間は物語を必要としているなって思うことと繋がるって思ったんです。

──・・・・・(飛んだー)

北川いや今から説明するから!人類はね絶対未来を志向するんです、そうでなければそもそも人間ではないのです。

──人間の祖先をさかのぼっていくと未来を志向しない絶望的な生き物もいたかもしれないけど、そのDNAは未来を志向しないから自殺したり、孤独死したりしてて、今に残ってない。今いる人間は未来に希望を持ちながら子供を作って育ててきた子供の子供の子供だもんね。

北川そーだーよねー!(前のめり)

──(ビクッ)

北川日本科学未来館でfaifai仕事やったときに博士に・・・博士に名刺もらったりしてすごくアガったんだけど(笑)

──もうハカセってだけで細かい名前いらないよね。

北川そう!でね、その博士にいろいろ進化や脳科学の話聞かせてもらって、その時に知ったエピソードとして、「オランウータンは短期記憶が優れてるけど長期記憶は弱く、人間はその逆で長期記憶に強いが短期記憶は苦手」っていうのがあって、人間は進化の過程で単期記憶を捨て、長期記憶、つまり物語を選んだと言われている、そこを考えると、人は物語を求めるから人であるという事が実証されましたね。

人間が長期記憶を持つのは未来を志向しているからでそこには物語=希望がある・・・・的な事になるわけです。

──うははは!

北川そういうことがあったよねと会議して。テーマは私が出すけど、みんなが辞めること、外国に行くことなんかも今回メンバーの中でもつながるはずだし言いたいはずだなと、そこから色々脱線してって、演劇のはじまりって何だろうってことに繋がっていったんです。
たぶんだけど、色んな国の神様を日常の事とつなげて劇にして、神様の悲劇に比べたら俺たちなんてまだまだだなって癒されたりしたのかなあと。そーやって最初に神話を何でやったかって言うと、例えば私と誰かがが会った時にキャーッって盛り上がったりした瞬間があるじゃない?それを一個上のフレームで見て・・・・・うーん。

──あ、なるほど、その日常嬉しい気持ちとかの持続とか再現とか。

北川そう!そういう所から神話はうまれたであろう・・・かな?わからないけど。

──断片的だったけど、整理すると人間が長期記憶を手に入れた理由、死にたくなくて生きたい、嬉しさを持続、未来を志向する為の物語が必要。

北川そう!人間が未来を志向して希望をもっている結論が導き出されたシステムをご理解いただけたでしょうか?

──ふんわりと触れてきたような気もします。なんのあてもなかったら明日もつまんないもんね。俺も未来を志向してるかも。

北川そういった事を考えていった先にまた最初に考えたエレベーターの話に戻りました。私がいて、一個上のフレームに視点を移動して、また上にフッと移動、フッフッフッとあがっていくでしょ?その一番上の外側のフレーム、人は宇宙の端っこ想像できるかな?その限界まできたときに一番最初の所にもどるの。

──まってまってまって!順番に追いつかせて!(笑)、えー宇宙いくでしょ。

北川宇宙は火星人入ってくるからわかんない、人類限定でだから地球かな。

──フレームをあげていって、その限界の向こうにループして戻るところが自分だった。その自分って個ってこと?

北川個っていうか生きることそのもの。で、わー!と思って、エレベーターの話正しかったなあと。

──・・・がんばって追いつきます。死を考えてエレベーターの話思いついて演劇の理由、未来志向システムへの注目で自分の生きる感の中に希望があった・・・ってことかな?

北川そう!マジでいい所が見えた。希望がただあるだけじゃなく、自分の中にもともとあったって事。

──なるほど!もともともってたアイテムだったと。

北川取り出しにくいけど自分の中にもともとある。そうじゃないと人間じゃないの。でね、そのもともともっている希望っていうのが、たぶん今は3歳児くらいの希望ではなくて・・・・もっと複雑な味のする希望なの。

──・・・・うーん、3歳児じゃない・・・・とすると何歳くらいなんだろ・・・。

北川年齢でいうと人類30〜35歳くらいかな・・・・。

──ああわかった。人類をまとめて人類くんって擬人化した時に、今は大体30〜35歳くらいだというわけね?

北川そう。20代じゃないよね?結構いままで色々あったなあと。色々複雑なことがありながら、それらを飲み込んだ希望。その志向の精度が3歳児よりあがっている。もっと先の98歳くらいの人類くんの希望は精度が上がりきっているから、色々楽かもとも思うけど、今は30〜35歳。違うかな?(笑)

──いやそうかもね。ただ98歳になったら・・・・人類君の希望の流れを想像すると3歳児「おっぱいのみたい」12歳「おこずかいもっとほしい」20代「異性とセックスしたい」30代〜40代「稼ぎたい、名をあげたい、バリバリ働きたい」50代〜「老後〜第2を人生を考える」98歳「杏仁豆腐食べたいのう」みたいな感じで98歳にはすごくシンプルにもどってるような気もするね。

北川ははははは!

──だから人類君の30代〜40代があぶらのってるんで長く続いてたらいいですね〜。

北川そうですね〜。

──これって座って見てお話があるような演劇なの本当に。

北川もちろんです!

──この新しい戯曲、メンバーはちゃんと共有できてるんですか?

北川ん共有してるのは演出家シノダだけかな。現状到達1人という・・・メンバーも自分なりに考えたりしてて急に泣いたりしてて、すごい個人的エピソードも入り込んだりしてるから、
そういった自分の家族が大事系なノイズで泣いている可能性高く・・・・。

──その泣き違うかもという(笑)

北川はははは、でも今日から劇場入りして稽古しているんでその辺はさっさとクリアしていくと思います(笑)

──今日は20パーセントくらいわかりました!人類は未来を志向し、物語にはほろ苦いさもも含んだ希望がある!と断言したリーダー・よんちゃんの言説を検証すべく本番楽しみにしています!

北川ありがとうございます(笑)


faifaiHP
http://faifai.tv/

KAFE9
http://www.kafe-kaat.jp/

快快新作「りんご」に向けての声明文
http://faifaijapan.blogspot.jp/2012/08/blog-post_19.html

脱退?休止? 快快が迎えた分岐点をメンバーが語る(cinra.net)
http://www.cinra.net/interview/2012/02/03/000000.php

ロゴ:文字8フレッシュ!/文 : 露骨キット

        
露骨キット
露骨キット
loco2kit (galaxxxy)
galaxxxy所属、デザインやDJ、作詞、クイズ制作など多岐に渡る活動は未来が見えない。桃を食べた時に歯に挟まる繊維をこよなく愛し、ジャンルを超えた様々なイカとの共演も果たした。最近ではHUNTER×HUNTERのEDに合わせタオルを回す行為が自分の中だけで大ブレイク中。

backnumber
口からどんどんりんごが出てくる
モダンファートでこんにちわ、露骨です。こちらでさまざまな人にお話を聞くというのをやって行きたいと思いはじめちゃいます。最
口からどんどん胸きゅんが出てくる
こんにちわ露骨です。”キラキラまぶしい80年代をテーマに〜”から始まる告知を流し始めた翌日から、開催前にもかかわらず来場
口からどんどんシャバさが出てくる
2011年に原宿で開催されたアート+キャバクラ的な伝説イベント"シャバクラ"が復活とのニュースにハテナの嵐!!!???シ