「もこらせたら怖い」との評判を聞きつけて、思う存分もこってもらうことにしました。マネしよう!   ( 第1回から読む )

第2回 「悲しいシチュエーション」


描いた線がもこっとふくらむ「もこもこペン」を使って、POP&キュートかつ、ちょっと変なものを描いていきます。今までになかった新たなファンシーの世界をあなたに。第二回のテーマは「悲しいシチュエーション」です。

 
■病室
byoushitsu

「お父様と最後のお別れを…」

 
■タオル投入
towei

「あーっと、ここでセコンドからタオル投入だーー!」

 
■事件現場
genba

「ガイシャは、後ろから突然襲われたものと思われます」

 
■甲子園
koushien

白球を追いかけた球児たちの熱い夏が、終わった―。
注:ウンコではありません

 
いかがでしたでしょうか。悲愴感漂う場面が、ちょっとしたもこり具合で明るくポップな雰囲気になりました。明るくポップにする必要もないんですけど…。

文・もこもこ : 小山 よしたか

        
img_koyama
小山よしたか
昼は編集者、夜はイラストレーターとして活動中。おもしろ4コマ漫画などを手がける。ある日、何の脈絡もなく「もこもこペン」で何かやろうと思い立つ。

backnumber
第1回 「文字」
「もこらせたら怖い」との評判を聞きつけて、思う存分もこってもらうことにしました。マネしよう!
第2回 「悲しいシチュエーション」
「もこらせたら怖い」との評判を聞きつけて、思う存分もこってもらうことにしました。マネしよう!
第3回 「建築物」
「もこらせたら怖い」との評判を聞きつけて、思う存分もこってもらうことにしました。マネしよう!