お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!   ( 第1回から読む )

第13回 小平市ふれあい下水道館

子供が産まれて、しみじみ思うこと。それは「ウンチって、臭いなー」。大人は出すなりトイレでジャージャー流しているから気にも留めずに生きていけるけど、子供は時折パンツにべったりやらかすわけで。幼児ですらこんなにウンチが臭いのに、地上がウンチ臭まみれにならないのはどうしたわけなのか。ヒルズ族御用達カフェの下で、宝塚マダムが集うティールームの下で、おしゃれヤングが不純異性交遊を繰り広げるクラブの下で、平等にウンチを載せて流れゆく下水道。もしも下水道がなかったら、街の中見かけた君は人混みじゃなくてウンチに流され、息を止める間もなく変わっていってしまったね…wow…そんな切ないラブソングがウンチとともに街中にあふれかえってしまうに違いありません。下水道って本当にありがたいですね。

016

というわけで、地下25メートルに降りて実際に下水管の中を見られるというので一部の人に人気の「小平市ふれあい下水道館」に行ってきました。

025

2階の図書室へ行くと、子供のために係の人が下水道アニメ『モンタの冒険』を見せてくれました。下水道が整備されていないためにクッサイことになっている動物村のモンタたち。村の期待を一身に背負ったモンタ兄弟は街へ出てマンホールの中に勝手に入り(ここで「よい子は絶対にマンホールの中に入らないでね!」という趣旨の注意書き)、下水道の仕組みを勉強します。

035

下水管がしゃべった!

045

汚水の色やにおいなどの不純物を吸着して取り除く活性汚泥こと「活性くん」。このほか汚水管の奥さんの雨水管、ポンプ井の「ポンピィ」など、このアニメ以外で決して擬人化されることはないであろう下水処理キャラが続々登場します。

055

第2弾、第3弾もある『モンタの冒険』。係の人が「第2弾は難しいんだよな〜。第3弾のほうが面白いよ。動物村のやぎじいさんが知らない間にやぎ博士になってるから」とマニアックな見どころ解説をまじえながら第3弾『モンタの冒険』を再生してくれました。ただの子供だったはずのモンタが乗務服らしきものを着て飛行船で本格的に冒険していました。下水道整備の道は険しすぎる。

アニメで下水道について予習したので、ここから地下にどんどん下っていって、下水道管にたどり着く旅に出たいと思います。

064

地下2階の展示室「くらしと下水道」。メガネが忙しぶってトイレで新聞読んでいられるのも下水道のおかげ!というありがたみが一目瞭然の大胆オブジェです。

073

ボタンを押すとおじさんが出てきて江戸〜現在の下水道の仕組みを解説するマジックビジョン。「奥さん、下水道の仕組みは知ってますか?えっ知らない?そうでしょうそうでしょう、知っていたらそんなにたっぷり洗剤を使えるわけがない!」。インチキ純水器でも売りつけられそうな口上です。

083

地下3階の展示室「小平の水環境」では、戦時中に西武鉄道が糞尿輸送を担当していたという西武線沿線民いじりネタの鉄板エピソードを紹介。

092

地下4階の特別展示室では、「近代下水道の前史と夜明け」と題して江戸時代から明治時代の下水道の資料を展示しています。こちらは下水に関する川柳を集めたどぶ川柳の数々。

102

さあいよいよ下水管に出会える地下25メートルに近づいてまいりました。

111

もう、この厳重な防臭扉が怖いもの。

122

扉を開けてみましたが、まだ生暖かいだけで臭気は感じません。いろいろな種類の下水管やマンホールの実物が展示されています。

131

油が詰まってしまった下水管を展示。食器についた油は拭いてから洗うよZETTAIという気持ちになれます。

141

下水から臭気などが逆流してくるのを防ぐトイレの「器具トラップ」を断面図で解説。ありがたやありがたや。

151

それではそろそろいきますか。コワイヨー。

161

この暗さ、蛍光灯に集う羽虫の皆さん、なにかとムキだしな機器類。都会の暗部に入り込んでしまった感をあおり立てられます。ここにはやみくろ※がいる……。

※編註:村上春樹の小説『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』に登場する生き物。地下に住み、汚水や腐敗物を摂取して暮らす。

171

あら、意外にもウンチがない。そんなに臭くないかも。と普通に息を吸おうとしたら喉に異変を感じたのであわてて息を止めました。鼻の曲がりそうな悪臭というより、別の意味で危険な感じ。6年前に訪れた人に言わせれば、当時より確実に臭くなっているとのことです。ストップ環境破壊。

18

下水道館の前には湿地帯を再現した池が。お掃除のおばちゃんが「ほら!こっちにオタマジャクシがいるわよ!」と声をかけてくれたので、オタマジャクシを見て心の洗濯をすることにしました。きれいな水って、本当にいいですね。「大きくなったらカエルになるんだよ」とか教えてたら、おばちゃんが「ここのオタマジャクシは池の魚に全部食べられるからカエルにはなんないよ」と……。自然きびしい。

まとめ

あんなハコモノ、こんなハコモノ、歩みもおぼつかない幼子を連れて色々巡り歩いて来ましたが、時々「一人で取材したほうがじっくり見られるのでは?」とおのれの連載のレゾンデートルを根本から覆す疑問にぶつかることも。しかし幼児を連れていると係の人がものすごくかみくだいて説明してくれたり、いろいろなものを見せてくれたり、大人だけで訪問したのでは味わえない優しさサービスを受けられた気がします。ハコモノと言っても、そこには血の通った人がたくさん関わっているんですね(←ここRTするところ!)。もしお子さんがいるなら、子連れでハコモノに出かけると、都会に眠る人情とふれあえるかもしれません。

(2010年3月27日訪問)

小平市ふれあい下水道館
住所 東京都小平市上水本町1-25-31
交通 西武国分寺線鷹の台駅より徒歩約7分、JR国分寺駅北口より西武バス「武蔵野美術大学」行き「旭ヶ丘住宅」下車すぐ
TEL 042-326-7411
休館日 月(祝日の場合は翌日)
開館時間 10:00〜16:00
入館料 無料
公式サイト http://www.city.kodaira.tokyo.jp/static/gesui_fureai/gesui_index.html

写真・文 : 堀越 英美

        
img_horikoshi
堀越英美
子育てママ業を営みつつ、間隙を縫っておもしろ文章を産む機械、って書き方アレだけど、書けば自動的におもしろいのが、demiさんこと堀越英美さんであります。

backnumber
第1回 消防博物館
賢い節約ミセスのみなさーん! 今日もレジ袋を三角畳みしてますか? 我々庶民が便利なレジ袋を断って浮いた小銭をせっせと貯蓄
第2回 長野市少年科学センター
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第3回 東京都埋蔵文化財センター
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第4回 コスモアイル羽咋
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第5回 中谷宇吉郎 雪の科学館
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第6回 松戸市立博物館
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第7回 あーすぷらざ
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第8回 東京農業大学「食と農」の博物館
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第9回 三鷹市星と森と絵本の家
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第10回 りっくんランド
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第11回 馬の博物館
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第12回 虫の詩人の館(ファーブル昆虫館)
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第13回 小平市ふれあい下水道館
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第14回 真鶴町立遠藤貝類博物館
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第15回 京都大学総合博物館
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第16回 島津創業記念資料館
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第17回 国立民族学博物館(前編)
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第18回 国立民族学博物館(後編)
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第19回 麻績村立聖博物館
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!