お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!   ( 第1回から読む )

第11回 馬の博物館

「お父さんに動物園連れて行ってもらったんだって?」
「うん。でもお馬さんしかいなかったよ」

こんな母子のやりとりで競馬通いがバレてお父さん大目玉……。よくある週末のほのぼの風景ですね。世の中にはしかし、お馬さんしかいない由緒正しきハコモノもあるのでした。相変わらず動物園に連れて行けとうるさい娘をたぶらかすため、横浜にあるという馬の博物館に行ってきマース。

01

洋式競馬の発祥の地・根岸競馬場の跡地に建てられた馬の博物館。根岸森林公園の一角にそびえ立つお馬さんのアーチが目印です。

02

アグネススキャップやダイワカーソンといった競走馬たちが余生を過ごしているという併設のポニーセンター。月に一度、乗馬デーが設けられていて、3歳以上なら試乗することができます。それ以下の子供はポニー馬車に乗れるのですが、電車が遅れて受付時間に間に合わず……。

03

むしゃくしゃするあまり畜生道に堕ちそうになったので、馬頭観音にお祈りしてきました。馬の頭を載せた観音様で、馬が草をはむように人間の煩悩を食べ尽くして救済してくれるそうです。わかりにくいけど、この顔で超怒っているらしい。

04

幼児の理性をふっとばすほどに大きいどんぐりがあちこちに。馬糞パワーのなせるわざでしょうか。私からビニール袋を奪っていそいそと詰め始める娘。

05

初めて入館した人にはスタンプカードが手渡されます。6つポイントを貯めるとなんと!馬蹄をプレゼント。魔よけになるらしいですよ。

この日、第1展示室と企画展が行われていた第2、3展示室は撮影不可でした。常設の第4展示室へ。

06

「お前、どこの馬の骨?」

07

バーを引くと何馬力かを判定してくれる馬力測定コーナー。なぜか幼児たちが気に入って一生懸命引っ張り合いしてます。どうがんばっても0.0馬力。記録にも記憶にも残らない闘い。

08

大人気!(主に幼児に)ロボ馬コーナー。

09

ボタンを押すと、威嚇・警戒・服従などの耳の動きや音声をロボ馬が再現します。

10

これが威嚇のときの馬の耳。後ろに若干下がります。地味。

11

左は格下のメス馬を威嚇するメス馬。「ちょっとあんた!無造作ヘアーのくせに私の男に色目使ってんじゃないわよ!これは区別じゃなくて差別よ!」

12

メス馬の尿の匂いを嗅いでちょっとまずいくらいウットリ面をさらしているオス馬。これはフレーメンといって、歯をむき出しにすることで嗅覚器官を空気にさらし、発情したメス馬の尿が発するフェロモンを感じ取りやすくしているそうです。一言で馬面といってもいろんな顔があるんですね。

13

子供が一番喜ぶ大人気スポット。

14

約4000万年前の馬の祖先「メソヒップス」の模型。大きさはオオカミくらい。「メソさん」とか適当な名付けでゆるキャラ化できそう……。

15

休憩室では馬の絵本や写真集を自由に閲覧できます。ロバの絵本もありました。以下、あらすじ。昭和12年の蘆溝橋事件で活躍した愛国ロバ「一文字」は、戦後上野動物園に贈られます。昭和38年に老齢で歯を失いますが、何しろ軍功動物なのでみんな長生きさせたくて仕方がない。そこで歯医者さんが入れ歯作りに挑戦。しかしうかれて食べ過ぎたせいか、一文字はその2年後に死んじゃったそうです……という子供も反応に困るお話でした。

16

1階のミュージアムショップへ。たぶんここでしか買えない妖怪っぽい馬のトレカ「ネギモンカード」。トレカなのに全8種。どうやって遊べばいいのか途方に暮れそうです。

17

これもレア?馬柄のネイルシール。気になる異性に近寄るメス馬を威嚇したいときにいかがですか。

まとめ

乗馬イベントは月1回ですが、併設のポニーセンターに行けば毎日生きている馬を間近で見られるそうです。近くにはユーミン「海を見ていた午後」に出てくるレストランのドルフィンもあって雰囲気のある街並みなので、おデートにもいいかもしれないですね。あと競馬好きの父子にも。(2010年2月21日訪問)

馬の博物館
住所 横浜市中区根岸台1-3
交通 根岸駅から市バス21または103系統「滝の上」下車
桜木町駅、石川町駅(元町)、日本大通り駅から市バス21系統「滝の上」下車
横浜駅東口、日ノ出町駅、伊勢佐木長者町駅から市バス103系統「滝の上」下車
山手駅、根岸駅から徒歩約20分(根岸森林公園となり)
TEL 045-662-8105
開館時間 10:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合は開館)、創立記念日(4月1日 ※22年度は開館)、年末年始(12月28日〜1月4日)、その他臨時休館あり(4月20日〜23日)
入館料 大人100円、小・中・高校生30円、団体(20名以上)半額
※特別展開催時は変更あり
公式サイト http://www.bajibunka.jrao.ne.jp/U/U01.html

写真・文 : 堀越 英美

        
img_horikoshi
堀越英美
子育てママ業を営みつつ、間隙を縫っておもしろ文章を産む機械、って書き方アレだけど、書けば自動的におもしろいのが、demiさんこと堀越英美さんであります。

backnumber
第1回 消防博物館
賢い節約ミセスのみなさーん! 今日もレジ袋を三角畳みしてますか? 我々庶民が便利なレジ袋を断って浮いた小銭をせっせと貯蓄
第2回 長野市少年科学センター
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第3回 東京都埋蔵文化財センター
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第4回 コスモアイル羽咋
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第5回 中谷宇吉郎 雪の科学館
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第6回 松戸市立博物館
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第7回 あーすぷらざ
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第8回 東京農業大学「食と農」の博物館
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第9回 三鷹市星と森と絵本の家
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第10回 りっくんランド
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第11回 馬の博物館
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第12回 虫の詩人の館(ファーブル昆虫館)
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第13回 小平市ふれあい下水道館
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第14回 真鶴町立遠藤貝類博物館
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第15回 京都大学総合博物館
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第16回 島津創業記念資料館
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第17回 国立民族学博物館(前編)
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第18回 国立民族学博物館(後編)
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!
第19回 麻績村立聖博物館
お金がかからなくて空いてて面白い公共施設=ハコモノを求めて節約ミセスが子連れで日本中をうろちょろしまーす!