滅法界に絵がうまいマンガ家・イラストレーターの寺田克也氏が描く、ただハラが減るだけの絵=空腹画の世界です。あらかじめ注意していただきたいのは空腹画をみてもハラは満たされないということ。ただ減るだけです! ( 第1回から読む )

第9回 それぞれのコロッケ


haraheri_09

はっ!描いてみたけどクリームコロッケはそんなに好きじゃなかった!
夜中にいきなりカニクリームコロッケを食べたくなったりはしないなーと思いました。
でもコロッケは大好きです。

オレの中でのコロッケの原型は、ご存知みえちゃん印のコロッケですけどね。
みえちゃんってのは、うちの母親の名前で、単なるうちのコロッケの事ですけどね。
いわゆる1.たまねぎ、ニンジンをみじん切りにして挽肉といっしょによく炒めた後、
塩コショウして下味をつけます。2.茹でてつぶしたジャガイモと炒めた野菜を
混ぜ合わせたら、3.たわらにカタチをととのえて、4.小麦粉つけて溶き卵につけて、
パン粉をつけて180度のサラダ油でこんがり揚げた普通のコロッケでしたが
うまかったです。母の味です。ウスターソースかけまわして何個も食べたなー。
ご飯のおかずにするには実はコロッケ、あまり適してないのかと今では思ったり
しますが、揚物にソース、というだけでたまらないご馳走だったわけですよ。
コモドはコロッケが大好きですよね。あ、子供はコロッケが大好きですよね。
コモドはトカゲですよね。

よく外で買い食いするコロッケは油が古かったりするから胸焼けしがちですけど、
うちのコロッケはそんな事もなく、さながらジャガイモ天国でした。ジャガ天。
高校生とかになると、学校の帰りに商店街の揚げ物屋でコロッケを買い食いしますね。
激しい柔道部の鍛練で汗を流した後、飢えた狼が獲物に群がるように
コロッケ屋の店先に我先に押し寄せ、アヒッ、アヒッ、と口内をやけどしつつ
ほおばる夕飯前のコロッケの美味さは忘れられませんね。柔道部だった事は
ないですけどね。いまのは想像です。ほんとは汗もかかない帰宅部でしたけどね。
でもコロッケ食べてましたけどね。

上京して住んだ杉並区の東高円寺。ここに昔ながらのトタン屋根の下、
狭い通路の両脇に店が軒を並べる商店街がありました。
八百屋、乾物屋、総菜屋がぎゅうぎゅうに並んでて、活気のあるいい通りで、
大好きでした。

そこのとある総菜屋さんのですね、特製コロッケ!これがすばらしかったんです。
この店で手作りで売ってる商品だったんですけどね、普通のたわら型のコロッケは
いつも売ってるんです。でも時々イレギュラーに店先に並ぶのが、
この特製まるごとコロッケ。おおぶりのジャガイモが丸ごと入ってるんじゃないか、と
いうサイズで、まんまるのコロッケだったんです。
いかにも揚げるのが大変そうな、まさに特製。これがめちゃめちゃホクホクで
おいしくてですね。てゆーかコロッケを褒める言葉ってホクホク以外
存在しないんですかね。ポクポク?フォクフォク?まあいいか!
そんなわけで、たまに売ってる時はかならず買ってましたよ。普通のコロッケが
80円とかで、これは250円とかだったかなー。

でもオレが越してきて2、3年後に大きなスーパーができたと思ったら、
この商店街は再開発できれいさっぱり無くなって、おもしろくもなんともない
マンションとかが並ぶつまんない通りになりました。
その後今の家に越してくるんですけど、ここ住宅地なんですけど、昔の商店街の
はずれでもあるんですね。その名残でうちの2軒となりに揚げ物屋さんがありまして、
ご夫婦でおやりになってた路面店で。

夕方にふんわりコロッケやメンチカツの香りが漂うとたまらず買いに行くわけです。
ごはん炊いてキャベツ刻んでおいて、揚げたてのコロッケ買いに行くわけです。
ジュワ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!ゆうてフォックスカラーのコロッケが!!
この店このあたりでは有名だったみたいで、たぶん昔は近所だった人が
わざわざクルマ乗りつけて買いに来てたりしてましたね。おいしかったし。
その後おじさんがお亡くなりになってこの店は閉まっちゃいました。
今は普通の住居に改装しておばちゃんが1人で住んでらっしゃる。道で出会うと挨拶します。
改装はしたけど、シャッターはそのままついてて、半分いつも下ろしてるのですが、
それを見るたびに揚げ物のふんわりしたいい香りが脳内によみがえりますよ。
そのコロッケはみえちゃん印の味であり、無くなった商店街の特製まるごとコロッケであり、
2軒隣のコロッケのものです。それぞれの味があって、それぞれの記憶がある。

こないだ近所のセブンイレブンのカウンターの後ろにでっかいフライヤーが設置されて、
揚げたてのコロッケが買えるようになりましたよ。揚げたてはいいですけどね。
でもどこで買っても同じ味です。

  _  _     _    _____   ___   _  _   _  _     _   
 ) |) /   )_\  )__ __( (  _( ) () ( ) () (   )_\  
 | ( (   /( )\   | |   _) \  | \/ | '.  /   /( )\ 
 )_|)_\ )_/ \_(  )_(  )____) )____(  /_(   )_/ \_(
                                                  
  _____  ___   ____     _    ___     _   
 )__ __() __( /  _ \   )_\  \   \   )_\  
   | |  | _)  )  ' /  /( )\ | ) (  /( )\ 
   )_(  )___( |_()_\ )_/ \_(/___/ )_/ \_(
                                         

画・文 : 寺田 克也

        
img_terada
寺田克也
漫画家・イラストレーター。海外でも阿佐ヶ谷でも有名な絵師。子供のころからの「うまくなりたい欲」は現在もとめどなく湧きだし、とにかく描くなんでも描くラクガキング。今回は「空腹画」をおすそわけ。

backnumber
第1回 深夜のラーメン
滅法界に絵がうまいマンガ家・イラストレーターの寺田克也氏が描く、ただハラが減るだけの絵=空腹画の世界です。あらかじめ注意
第2回 iPodTouchでメンチカツ
滅法界に絵がうまいマンガ家・イラストレーターの寺田克也氏が描く、ただハラが減るだけの絵=空腹画の世界です。あらかじめ注意
第3回 甘辛い人生
滅法界に絵がうまいマンガ家・イラストレーターの寺田克也氏が描く、ただハラが減るだけの絵=空腹画の世界です。あらかじめ注意
第4回 学生時代のカツ丼たち
滅法界に絵がうまいマンガ家・イラストレーターの寺田克也氏が描く、ただハラが減るだけの絵=空腹画の世界です。あらかじめ注意
第5回 ハンバーガーヨル
滅法界に絵がうまいマンガ家・イラストレーターの寺田克也氏が描く、ただハラが減るだけの絵=空腹画の世界です。あらかじめ注意
第6回 恍惚のカツカレー
滅法界に絵がうまいマンガ家・イラストレーターの寺田克也氏が描く、ただハラが減るだけの絵=空腹画の世界です。あらかじめ注意
第7回 本日休業につき担々麺なし
滅法界に絵がうまいマンガ家・イラストレーターの寺田克也氏が描く、ただハラが減るだけの絵=空腹画の世界です。あらかじめ注意
第8回 ミッドナイトキューカンバー
滅法界に絵がうまいマンガ家・イラストレーターの寺田克也氏が描く、ただハラが減るだけの絵=空腹画の世界です。あらかじめ注意
番外編 ばばかよのBビーフン
ハラヘリ界のドン・寺田克也がお送りする「東京空腹画」に、「早めに見てほしい手紙」で活躍中のばばかよが参戦。双子の育児で鍛
第9回 それぞれのコロッケ
滅法界に絵がうまいマンガ家・イラストレーターの寺田克也氏が描く、ただハラが減るだけの絵=空腹画の世界です。あらかじめ注意
第10回 カレー狂乱・夏
滅法界に絵がうまいマンガ家・イラストレーターの寺田克也氏が描く、ただハラが減るだけの絵=空腹画の世界です。あらかじめ注意
第11回 ングングングングゴキュゴキュゴキュ!
滅法界に絵がうまいマンガ家・イラストレーターの寺田克也氏が描く、ただハラが減るだけの絵=空腹画の世界です。あらかじめ注意
第12回 ウィークエンドナイトはフレンチで
滅法界に絵がうまいマンガ家・イラストレーターの寺田克也氏が描く、ただハラが減るだけの絵=空腹画の世界です。あらかじめ注意
第13回 至福のレバーで生ビールおかわりです
滅法界に絵がうまいマンガ家・イラストレーターの寺田克也氏が描く、ただハラが減るだけの絵=空腹画の世界です。あらかじめ注意
第14回 ある意味おもいでのカレー
滅法界に絵がうまいマンガ家・イラストレーターの寺田克也氏が描く、ただハラが減るだけの絵=空腹画の世界です。あらかじめ注意