近年、サウナにとりつかれ現世に帰って来られなくなったとウワサされるマンガ家タナカカツキが、ついに軽い口を開きサウナについて語り出した。サウナに関する名言が読みたいナ、と思ったらサウナ道=サ道をどうぞ。 ( 第1回から読む )

第4回 秘伝

サウナの印象ってそれまでは人生の折り返し地点を過ぎたゼイ肉のストレス墓場とかそんな感じやったんですけど、蒸しZの導きでニルヴァーナに至ってからは、サウナというものに対しての見方がものっっっすごく変わりました。

もうそれまでとはぜんっっっぜん違うわけですよ。僕の中ではディズニーランドみたいなことになっちゃってる。やっぱ「サウナ」ていう名前があかん、「マーブルボックス」みたいなのに変えたほうがええで!くらいに思いました。

探求心が芽生えてきたのもそれからですね。ただ入るだけじゃつまらん、もっと楽しい入り方があるやろ、て。

けど、サウナには教科書なんてないし、ネットで調べても載ってない。ましてサウナと意識の関係、そんな話なんて皆無です。だから答えを自分で見つけるしかないんですよ。

気になることはいっぱいある。たとえばサウナと水風呂って交互に入りますよね。でも最後どっちでシメる? そんなの分からないですよ。

だ から、自分にとってのお手本である蒸しZの動きをすっごい観察してました。そのうち周りにいる常連にも目がいくようになるわけです。いつも膝を抱えるようにしてサウナに入ってて、タマゴつきのタガメみたいにびっしり汗を背負ってるおっさんとか。毛むくじゃらだから、僕は「毛蒸し」って呼んでるんですけど。

sado_004_01

まあ、そんなサウナの猛者たちを見ていると、みんなむっちゃ水風呂の時間を大切にしてる。

水風呂に入るのってサウナから出た後でしょ? 体ポッカポカ、頭ボーッとしてる状態で行く。だからホントは頭までジャポーーーーンと浸かりたい、そしたらむちゃむちゃ気持ちええやろなとは思うけど、マナー違反だから我慢するわけです。

でも問題なし。水風呂て冷たいじゃないですか。だから冷気が下からプワーーーーッと上がってくるんですよ。しばらくすると、体は温度の羽衣に、顔は冷気に包まれて、温度的にはパーフェクトで申し分なくなってくる。

sado_004_02

ほんで入ってるときの姿勢がサウナとは違ってますね。サウナの時間は、見てるとみんなけっこう体勢を変えたりしてるんですよ。喋ったりもしてるんです。精神 的にフランクな感じ。せやけど水風呂では誰も喋らないし、体も動かさない。シーーーーンとしてる。霊験あらたかな気持ちになっているというか。

なぜか? 水風呂は基本、入ってしばらくは冷たいんです。だから水温のせいで体に微妙な力が入って、呼吸の回数が減る。キューーーーッと締める方向に行ってるわけです。精神的には内へ内へと入っていく感じ。ほな喋るモードじゃなくて瞑想のモードになるんですよ。

で、 シメはサウナか水風呂かですけど、猛者たちはやっぱりみんな、サウナじゃなしに水風呂でシメてる。そのときはちょうど冬だったんですね。外寒いのに水風呂で終わるなんてちょっと勇気いるし、何で冷たいので終わるの? って思うじゃないですか。答えは簡単ですよね。水風呂から出ると10分後は体がポッカポカ。だから暖かいまま家路に着けるんですよ。

正直それまでは蒸されてナンボと思ってたんですけど、こういうことに気づいてからは、サウナは水風呂の引き立て役にすぎないんやないか、主役は水風呂なんやないかくらい水風呂のほうに意識がいってしまったんですよね。

確かに水風呂の時間を長くすれば、体が冷えて死に近づきますよ ね、ある意味で。だからトビかたがサウナよりもぜんっっっっっぜん上。ニルヴァーナこっちやん、水風呂なんや!!!!!  て、途中で気づいたんです。

sado_004_03

<続く>

文 : テキトーエディター / 画 : タナカカツキ

        
img_katsuki
タナカカツキ
毎日サウナに通い、サウナの深淵をのぞくサウニストとしてのかたわら、なまじ絵がうまいためにマンガ家・映像作家としても知られる。ヒマというヒマを頼まれてもいないなにかの制作でぬりつぶす過活動家でもある。

backnumber
第1回 出会い
近年、サウナにとりつかれ現世に帰って来られなくなったとウワサされるマンガ家タナカカツキが、ついに軽い口を開きサウナについ
第2回 目覚め
近年、サウナにとりつかれ現世に帰って来られなくなったとウワサされるマンガ家タナカカツキが、ついに軽い口を開きサウナについ
第3回 導師(グル)
近年、サウナにとりつかれ現世に帰って来られなくなったとウワサされるマンガ家タナカカツキが、ついに軽い口を開きサウナについ
第4回 秘伝
近年、サウナにとりつかれ現世に帰って来られなくなったとウワサされるマンガ家タナカカツキが、ついに軽い口を開きサウナについ
第5回 学び
近年、サウナにとりつかれ現世に帰って来られなくなったとウワサされるマンガ家タナカカツキが、ついに軽い口を開きサウナについ
第6回 効用
近年、サウナにとりつかれ現世に帰って来られなくなったとウワサされるマンガ家タナカカツキが、ついに軽い口を開きサウナについ
第7回 受難
近年、サウナにとりつかれ現世に帰って来られなくなったとウワサされるマンガ家タナカカツキが、ついに軽い口を開きサウナについ
第8回 検査
近年、サウナにとりつかれ現世に帰って来られなくなったとウワサされるマンガ家タナカカツキが、ついに軽い口を開きサウナについ
第9回 距離
近年、サウナにとりつかれ現世に帰って来られなくなったとウワサされるマンガ家タナカカツキが、ついに軽い口を開きサウナについ
第10回 会話
近年、サウナにとりつかれ現世に帰って来られなくなったとウワサされるマンガ家タナカカツキが、ついに軽い口を開きサウナについ
第11回 風呂
近年、サウナにとりつかれ現世に帰って来られなくなったとウワサされるマンガ家タナカカツキが、ついに軽い口を開きサウナについ
第12回 風の道
近年、サウナにとりつかれ現世に帰って来られなくなったとウワサされるマンガ家タナカカツキが、ついに軽い口を開きサウナについ
第13回 湿で〆
近年、サウナにとりつかれ現世に帰って来られなくなったとウワサされるマンガ家タナカカツキが、ついに軽い口を開きサウナについ